112E25

成人で加齢とともに増加するのはどれか。

腎濃縮力
細胞内液量
末梢血管抵抗
糸球体濾過量〈GFR〉
1日当たりクレアチニン産生量

解答: c

112E25の解説

a・d 腎機能は低下する。ゆえにこれらも低下する。
b 加齢により体内の総細胞数は減少する。それゆえ、細胞内液量は減少する。
c 正しい。加齢に伴い動脈硬化が起こりやすくなる。そのため、末梢血管抵抗は増加しやすい。
e クレアチニンは筋から産生される。加齢により筋量が減少するため、この産生量は低下する。
※腎機能低下により血中クレアチニンは上昇する。eはこの点から引っ掛けたかったのかもしれないが、この選択肢を選んだ受験生はわずか1.4%。近年の受験生はそのくらいではおいそれと引っかからない。

正答率:97.2%

テーマ:成人で加齢とともに増加する指標

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし