112D27

74歳の女性。ネフローゼ症候群のために一般病棟に入院中であったが、呼吸困難、低酸素血症および腎機能低下による尿量減少をきたした。胸部エックス線写真で肺うっ血と両側胸水とを認め、心胸郭比は74%であった。持続血液透析濾過〈CHDF〉と呼吸管理とを行うためICUに入室し、気管挿管下に人工呼吸を開始した。動脈血ガス分析(FIO2 1.0):pH7.45、PaCO2 32Torr、PaO2 100Torr、HCO3- 22mEq/L。肺胞気-動脈血酸素分圧較差〈A-aDO2〉は、一般的にPAO2(肺胞気酸素分圧)−PaO2で表される。

この患者のPAO2はどれか。

ただし、大気圧は760Torr、37℃での水蒸気圧は47Torr、呼吸商は0.8とする。

150−32
150−32/0.8
760−47
(760−47)×1.0−32
(760−47)×1.0−32/0.8

解答: e

112D27の解説

一応、臨床問題の体をとっているが、実質的な一般問題。
A-aDO2=(大気圧−水蒸気圧)×FIO2−PaO2−PaCO2/呼吸商で算出されることを確認しよう。本問の患者にあてはめると、A-aDO2=(760−47)× 1.0 − 100 −32/0.8となる(☆)。
問題文中に与えられているA-aDO2=PAO2−PaO2と☆とを比べれば解答に至るだろう。
a〜e 以上より、eが正しい。

正答率:57.1%

テーマ:PAO2の算出式(計算問題)

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし