111E66

次の文を読み、66〜68の問いに答えよ。

36歳の男性。全身倦怠感を主訴に来院した。

現病歴:約1年前から易疲労感を感じていたが、仕事が忙しいせいではないかと考えて医療機関を受診していなかった。約1週間前から陰茎に傷があることに気付いていたが、痛みがないためそのままにしていた。同じころから朝起きると寝汗で布団が濡れていることが多くなってきた。これらの症状が心配になり受診した。

既往歴:約2年前に淋菌性尿道炎の治療歴がある。アレルギー歴はない。

生活歴:健康食品の営業職。独身で一人暮らし。喫煙歴はなく、飲酒は機会飲酒。ペットは飼っていない。海外渡航歴はない。約10年前から不特定多数の女性と性交渉がある。

家族歴:父親が肺癌のため56歳で死亡。母親は高血圧症で治療中。妹は健康。

現 症:意識は清明。身長180cm、体重58kg。体温38.0℃。脈拍60/分、整。血圧110/80mmHg。呼吸数12/分。SpO2 98%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸蠕動音に異常を認めない。表在リンパ節を触知しない。四肢筋力と腱反射は正常である。陰茎に潰瘍を認めるが痛みはない。

検査所見:血液所見:赤血球468万、Hb 13.9g/dL、Ht 42%、白血球4,300(好中球75%、好酸球8%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球10%)、血小板21万、PT-INR 1.3(基準0.9〜1.1)。血液生化学所見:総蛋白7.5g/dL、アルブミン3.9g/dL、総ビリルビン0.9mg/dL、直接ビリルビン0.2mg/dL、AST 34U/L、ALT 18U/L、LD 178U/L(基準176〜353)、ALP 340U/L(基準115〜359)、γ-GTP 30U/L(基準8〜50)、アミラーゼ90U/L(基準37〜160)、CK 42U/L(基準30〜140)、尿素窒素16mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、尿酸6.9mg/dL、血糖98mg/dL、Na 131mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 97mEq/L。陰茎の写真を別に示す。

行うべき検査はどれか。

梅毒血清反応
病変部の生検
尿淋菌核酸増幅検査
尿クラミジア核酸増幅検査
浸出液のへルぺスウイルス抗原検査

解答: a

111E66の解説

36歳男性の全身症状を伴う陰茎トラブル。約10年間におよぶ不特定多数の女性との性交渉があり、性感染症を疑う。画像で示されている陰茎の潰瘍は無痛性と示されており、梅毒でみられる硬性下疳と考えたい。
a 正しい。梅毒の検査である。
b 陰茎癌を疑った際に生検が有効。なお、111回国試では111D29で陰茎癌の出題があった。こちらを梅毒と勘違いしてしまった受験生も多かったが、画像を比較してみれば違いは歴然であろう。なお、陰茎癌では痛みがある。
c 淋菌の検査である。尿道炎をきたし、症状は強い。
d クラミジアの検査である。尿道炎をきたし、症状は軽度なことが多い。
e ヘルペスの検査である。陰部潰瘍をみるが、疼痛を伴う。

正答率:80.0%

テーマ:梅毒の検査

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし