110I60

58歳の女性。入院中に突然の呼吸困難と左前胸部痛とを訴えた。3日前に自宅火災で下半身にII度20%の熱傷を負い、ベッド上で治療を継続していた。今朝、突然、呼吸困難と左前胸部痛が出現した。意識は清明。身長152cm、体重68kg。体温36.1℃。脈拍112/分、整。血圧110/76mmHg。呼吸数24/分。SpO2 88%(room air)。胸部の聴診でII音の亢進を認め心雑音は聴取しない。呼吸音に異常を認めない。胸部エックス線写真で異常を認めない。心電図は、心拍数120/分の洞性頻脈以外には明らかな異常を認めない。SpO2 は直前まで98%であった。
確定診断のために最も有用な検査はどれか。
KL-6
冠動脈造影
胸部造影CT
トロポニンT
呼吸機能検査

解答: c

110I60の解説

熱傷後、ベッド上安静にしていた患者が今朝(おそらくは離床したのであろう)、突然の呼吸困難と左前胸部痛を訴えている。肺血栓塞栓症を考えたい。II音の亢進や頻脈も矛盾しない。
a 肺線維症で上昇する。
b 虚血性心疾患を疑った際に施行する。
c 正しい。胸部造影CTで血栓を描出可能。
d 心筋梗塞を疑った際に施行する。
e 閉塞性障害や拘束性障害の判定に用いる。呼吸困難を訴える患者に実施は困難。

正答率:92.0%

テーマ:肺血栓塞栓症の検査

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし