110I31

急性腹症における開腹所見を別に示す。
最も考えられるのはどれか。
S状結腸軸捻転症
絞扼性イレウス
単純性イレウス
腸重積症
麻痺性イレウス

解答: b

110I31の解説

画像では黒色調に変色した腸管がみられる。腸管壊死を考えたい。
a 画像で示されているのは小腸である。S状結腸ではない。
b 正しい。絞扼性イレウスにより、腸管壊死を呈した状況が最も考えやすい。
c・e 単純性または麻痺性イレウス単独では壊死までいたらない。
d 腸が重積している所見は画像から指摘できない。

正答率:94.0%

テーマ:開腹所見より判断する絞扼性イレウス

フォーラムへ投稿

関連トピック