110G57

25歳の男性。バイクを運転中に自動車と接触して転倒し、後続の自動車にひかれ救急車で搬入された。来院時、脈拍120/分、整。血圧110/80mmHg。呼吸数32/分。SpO2 89%(リザーバー付マスク10L/分 酸素投与下)。胸郭は奇異性運動を起こし努力呼吸である。胸部エックス線写真で右肋骨の多発骨折と肺挫傷とを認めるが、血胸や気胸はみられなかった。
直ちに行うべきなのはどれか。
胸腔穿刺
抗菌薬投与
挿管陽圧換気
バストバンド固定
副腎皮質ステロイド全身投与

解答: c

110G57の解説

交通外傷による多発肋骨骨折と肺挫傷。リザーバー付マスク10L/分でもSpO2が90%を切っており、呼吸管理を直ちに行うべきである。
a 血胸や気胸はみられておらず、胸腔穿刺は不要。
b・e 呼吸管理に該当しない。
c 正しい。挿管による陽圧換気を直ちに実施すべき。
d 胸部を圧迫するため、むしろ呼吸がしにくくなってしまう。

正答率:69.0%

テーマ:交通外傷・多発骨折と肺挫傷への対応

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし