110D22

76歳の男性。発熱を主訴に来院した。10年前から慢性閉塞性肺疾患のため抗コリン薬とβ2刺激薬とを吸入している。喫煙は20本/日を46年間。3日前から発熱、咳嗽および膿性痰が出現したため受診した。意識は清明。体温38.5℃。脈拍108/分、整。血圧102/62mmHg。呼吸数24/分。両側の胸部に軽度のwheezesを聴取する。白血球8,200(桿状核好中球4%、分葉核好中球84%、単球2%、リンパ球10%)。CRP 7.3mg/dL。胸部エックス線写真(A)と喀痰のGram染色標本(B)とを別に示す。
原因菌はどれか。
腸球菌
肺炎球菌
化膿連鎖球菌
黄色ブドウ球菌
Moraxella catarrhalis

解答: e

110D22の解説

病歴と画像Aより慢性閉塞性肺疾患〈COPD〉を考える。今回のエピソードは急性増悪であろう。原因菌として有名なものは肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、モラクセラである。画像Bではグラム陰性球菌がみられるため、モラクセラを考える。
a〜d グラム陽性球菌である。
e 正しい。グラム陰性球菌である。

正答率:77.0%

テーマ:Moraxella〈モラクセラ〉肺炎の診断

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし