110A55

2歳の女児。発熱を主訴に母親に連れられて来院した。4日前から発熱があり、食欲が低下してきたため受診した。体温38.8℃。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。咽頭に発赤を認める。両側の頸部に径1.5cmのリンパ節を数個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝を右季肋下に2cm、脾を左季肋下に4cm触知する。血液所見:赤血球425万、Hb 11.3g/dL、Ht 33%、白血球21,800(好中球20%、好酸球1%、好塩基球0%、単球5%、リンパ球74%)、血小板19万。血液生化学所見:AST 78U/L、ALT 66U/L、LD 477U/L(基準176〜353)、尿酸4.7mg/dL。CRP 1.0mg/dL。胸部エックス線写真で 心胸郭比50%。末梢血塗抹May-Giemsa染色標本を別に示す。
考えられる原因はどれか。2つ選べ
EBウイルス感染症
パルボウイルスB19感染症
単純へルペスウイルス感染症
サイトメガロウイルス感染症
ヒトT細胞白血病ウイルス感染症

解答: a,d

110A55の解説

2歳女児の咽頭痛を伴う発熱。肝脾腫があり、リンパ球優位な白血球増加があるため、伝染性単核球症〈IM〉を疑う。画像では異型リンパ球の出現があり、矛盾しない。
a 正しい。IMはEBウイルス感染が原因となる。
b 伝染性紅斑の原因。赤芽球癆を呈することがある。
c 単純ヘルペスウイルス感染では口唇や性器に水疱をみる。
d 正しい。サイトメガロウイルス感染でもIM様の症状をみる。
e 成人T細胞白血病〈ATL〉の原因となる。

正答率:57%

テーマ:伝染性単核球症〈IM〉(様変化)の原因

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし