110A4

抗癌化学療法により再活性化をきたす肝炎ウイルスはどれか。
A 型
B 型
C 型
D 型
E 型

解答: b

110A4の解説

B型肝炎は抗癌化学療法により再活性化をきたしやすいことが知られる。再活性化により発症したB型肝炎の中には劇症化するものもあり、注意が必要である。なお、『免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン』なるガイドラインも存在する。
a〜e 以上より、bが正しい。

正答率:70.0%

テーマ:抗癌化学療法により再活性化をきたす肝炎ウイルス

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし