110A29

41歳の女性。喘鳴と呼吸困難とを主訴に来院した。1年前から感冒に罹患すると咳が長引くことが多く、一度、市販の解熱薬を服用した際に呼吸困難で、自宅近くの診療所を受診したことがあった。2日前から咽頭痛、鼻汁および発熱が出現し、その後、咳嗽、呼吸困難および喘嗚も出現した。本日の午前1時ころから呼吸困雖が著明となったため、午前2時に救急外来を受診した。25歳からアレルギー性鼻炎を指摘されている。喫煙歴と飲酒歴はない。喘鳴と呼吸困難とを認めるが会話はかろうじて可能である。体温38.2℃。SpO2 88%(room air)。両側の胸部で呼気時のwheezesを聴取する。胸部エックス線写真で異常を認めない。酸素投与を開始した。
次に行うべき治療はどれか。
人工呼吸
非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉投与
利尿薬投与
抗菌薬投与
副腎皮質ステロイド全身投与

解答: e

110A29の解説

感冒後の長期咳嗽、アスピリン喘息を疑わせる既往、アレルギー性鼻炎の背景、wheezesの聴取、といった情報より気管支喘息の診断は容易であろう。
a 酸素投与を開始しており、反応が悪いといった記載もない。現時点での人工呼吸は早計である。
b アスピリン喘息が疑われるため、投与は禁忌である。
c うっ滞をみる病態ではない。利尿薬は無効。
d 細菌感染ではない。抗菌薬は無効。
e 正しい。喘息発作に対してはβ2刺激薬や副腎皮質ステロイドの投与が有効。

正答率:69.0%

テーマ:気管支喘息の治療

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし