110A30

75歳の男性。食欲不振と腹部膨満感とを主訴に来院した。1年前に進行胃癌で胃全摘術を受けている。術後に抗癌化学療法が行われたが、その後は通院していなかった。3週前から少しずつ食欲不振と腹部膨満感とを認め、2日前から急激に増悪した。食事摂取量は低下していたが、排便と排ガスは認めていた。身長167cm、体重45kg。体温36.6℃。脈拍84/分、整。血圧136/80mmHg。眼球(編注:「瞼」の誤植と思われる)結膜は軽度貧血様である。手掌紅斑やくも状血管腫は認めない。腹部は全体に膨隆、緊満し、臍窩の平坦化、波動を認める。肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認める。腹部単純CTを別に示す。
次に行うべき検査はどれか。
PET/CT
腹水細胞診
腹部単純MRI
上部消化管内視鏡検査
下部消化管内視鏡検査

解答: b

110A30の解説

腹部単純CTにて大量の腹水を認めており、胃癌の腹膜転移再発が考えられる。
a 他部位の転移をみるのに有用だが、現時点ではまだ診断がついていないため「次に行うべき」とはならない。
b 正しい。腹水中の癌細胞を証明する。
c 現時点でMRIを撮影しても、診断に直結する情報が得られるとは思えない。
d・e 消化管内の病変を疑った場合に行われる検査である。

正答率:89.0%

テーマ:胃癌転移による大量腹水への検査

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし