109I58

48歳の女性。2回経妊2回経産婦。月経痛を主訴に来院した。5年前から子宮筋腫を指摘されている。最近、月経時の下腹部痛が強くなったため受診した。月経周期は26日型、整。持続10日間。血液所見:赤血球340万、Hb 6.0g/dL、Ht 26%、白血球4,200、血小板33万。骨盤部MRIのT2強調矢状断像を別に示す。子宮摘出手術を行うこととした。
それまでの管理として投与すべきでないのはどれか。
鉄剤
止血薬
鎮痛薬
エストロゲン
GnRHアゴニスト

解答: d

109I58の解説

子宮筋腫の診断は既についている。エストロゲンはリスクであるため、使用不可。
a 出血により鉄を喪失するため、補充は有効。
b 対症療法にすぎないが、少しでも失血をなくすべく補充は有効。
c 主訴は痛みであり、鎮痛薬も有効。
d 誤り。子宮筋腫はエストロゲンが原因となる。
e GnRHアゴニスト投与により、エストロゲンが抑制されるため有効(偽閉経療法)。

正答率:92%

テーマ:子宮筋腫

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし