109I36

大動脈弁閉鎖不全症の進行を示唆する徴候はどれか。2つ選べ
脈圧の減少
狭心痛の出現
爪床血管拍動の消失
拡張期心雑音の高調化
心尖拍動の左下方への偏位

解答: b,e

109I36の解説

a 脈圧は増大する。
b 正しい。拡張期血圧の低下により、冠血流が低下する。また、心室が拡大することにより、必要血流も増加し、相対的な虚血になる。
c 拍動は増大する(Quincke徴候)。
d 大動脈弁閉鎖不全症〈AR〉ではもともと高調な雑音を呈する。逆流量が増加してくると、むしろ低調となる。
e 正しい。容量負荷により、心室が拡大するため、心尖拍動は左下方へ偏位する。

正答率:56%

テーマ:大動脈弁閉鎖不全症〈AR〉

フォーラムへ投稿

関連トピック