109E20

体液平衡について正しいのはどれか。
ADH不適合分泌症候群〈SIADH〉では体液量は減少している。
炭酸脱水酵素阻害薬は代謝性アルカローシスをきたす。
ループ利尿薬は代謝性アシドーシスをきたす。
代謝性アシドーシスは血清Kを上昇させる。
塩分負荷は血清Kを上昇させる。

解答: d

109E20の解説

内分泌・腎臓の総合的な病態理解を問う、良問。
a 体液量は不変。ゆえに浮腫もない。
b 炭酸脱水酵素阻害薬は近位尿細管に作用する利尿薬としても使用されることを思い出せば、代謝性アシドーシスをきたすことは想像つく。
c 低カリウム血症をきたすため、代謝性アルカローシスとなる。
d 正しい。H+が血中で増加すればKも増加する。
e NaCl負荷と血清Kは無関係。

テーマ:体液平衡

フォーラムへ投稿

関連トピック