109D42

75歳の男性。急に立ち上がれなくなったため搬入された。数日前から下肢にしびれ感を感じていた。今朝起きた際に下肢に力が入らず立ち上がれなくなったため救急搬送された。意識は清明。対麻痺を認める。筋力は徒手筋力テストで下肢は1から2であるが、上肢には筋力低下はない。鼠径部以下に感覚障害を認める。上肢に感覚障害を認めない。下肢の深部腱反射は消失している。脊椎エックス線写真で第11胸椎に骨硬化を認める。病変部の胸椎CTを別に示す。
診断のために有用なのはどれか。
FT4
PSA
PTH
CEA
CA19-9

解答: b

109D42の解説

下肢に限局した対麻痺があり、下部脊髄の障害が考えられる。ポイントは第11胸椎の骨硬化。CTにて骨破壊と骨形成を繰り返したような不整な脊椎がみられる。造骨性の骨転移をする癌として、前立腺癌を知っておきたい。
a 甲状腺ホルモン。
b 正しい。前立腺癌で上昇する。
c 副甲状腺ホルモン。
d・e 消化管癌などさまざまな癌で上昇する。

テーマ:前立腺癌(骨転移)

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし