109B56

次の文を読み、56~58の問いに答えよ。
67歳の男性。人間ドックで異常を指摘され来院した。
現病歴:5年前に退職してから健康診断を受けていなかった。妻に勧められて初めて受診した人間ドックで肥満、耐糖能障害および脂質異常症を指摘され、妻とともに来院した。
既往歴:特記すべきことはない。
生活歴:喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴:父親が胃癌。
現症:意識は清明。身長170cm、体重80kg。体温36.5℃。脈拍68/分、整。血圧130/94mmHg。呼吸数18/分。眉弓部の膨隆、下顎の突出、鼻と口唇の肥大および巨大舌を認める。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。咽頭に発赤を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。手足の体積の増大を認める。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腱反射に異常を認めない。
検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)、潜血(±)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球487万、Hb 14.6g/dL、Ht 43%、白血球4,000、血小板23万、PT 115%(基準80~120)。血液生化学所見:総蛋白7.2g/dL、アルブミン4.2g/dL、総ビリルビン0.6mg/dL、AST 21U/L、ALT 28U/L、LD 185U/L(基準176~353)、ALP 277U/L(基準115~359)、γ-GTP 34U/L(基準8~50)、アミラーゼ76U/L(基準37~160)、CK 135U/L(基準30~140)、尿素窒素14mg/dL、クレアチニン0.7mg/dL、尿酸5.9mg/dL、血糖127mg/dL、HbA1c 7.0%(基準4.6~6.2)、トリグリセリド162mg/dL、HDLコレステロール75mg/dL、LDLコレステロール146mg/dL、Na 142mEq/L、K 4.6mEq/L、Cl 102mEq/L、Ca 9.3mg/dL、P 4.0mg/dL、TSH 0.6μU/mL(基準0.4~4.0)、FT4 1.1ng/dL(基準0.8~1.8)。心電図に異常を認めない。胸部エックス線写真で心胸郭比54%。頭部エックス線写真を別に示す。頭部MRIで下垂体に限局した腫瘤を認める。
この患者に行うべき検査として有用でないのはどれか。
GHの測定
プロラクチンの測定
フロセミド負荷試験
75g経口グルコース負荷試験
インスリン様成長因子-I〈IGF-I〉の測定

解答: c

109B56の解説

眉弓部の膨隆・下顎の突出・鼻と口唇の肥大・巨大舌・手足の体積の増大、といったキーワードより先端巨大症が考えられる。頭部エックス線写真でもこれらの所見に加え、トルコ鞍の拡大がみられ、下垂体腫瘍の存在が示唆される(本文中に下垂体腫瘤の存在は明記してあり、エックス線で必ずしも分かる必要はないが)。成長ホルモン〈GH〉を産生する下垂体腺腫による先端巨大症の診断。
a・e GHとIGF-Iの上昇をみる。
b 先端巨大症ではプロラクチンが上昇することがある。そのため、勃起不全や男性不妊をみる。
c 誤り。フロセミド負荷試験はレニン分泌刺激なので、本症には不適切(原発性アルドステロン症などに有用)。
d ここでは糖尿病の検査としてではなく、ブドウ糖負荷によってもGHが抑制されないという反応をみるために行う。

正答率:76%

テーマ:先端巨大症の検査

フォーラムへ投稿

関連トピック