108G46

45歳の女性。汗をかきやすいことと体重減少とを主訴に来院した。甲状腺機能亢進症の診断で1年前から抗甲状腺薬を内服していたが、症状の改善がみられず、本人の希望もあり甲状腺摘出術が施行された。摘出組織のH-E染色標本(A、B)を別に示す。
この病変の診断として最も考えられるのはどれか。
髄様癌
乳頭癌
濾胞癌
未分化癌
悪性リンパ腫

解答: b

108G46の解説

実質的に病理画像一発問題である。画像Aでは腫瘍細胞の乳頭状増殖を認め、画像Bでは核内封入体や核のコーヒー豆様凹溝を認める。以上より、甲状腺乳頭癌の診断となる。
a 髄様癌では間質へのアミロイド沈着を認める。
b 正しい。上記の通り。
c 濾胞癌では濾胞構造を認める。
d 未分化癌では未分化な細胞の増殖を認める。
e 悪性リンパ腫ではリンパ球系腫瘍細胞の増生を認める。
※1年前からの症状であり、d・eは除外できる(悪性のため進行スピードが速い)。また、髄様癌は濾胞外から発生するため甲状腺機能亢進症を来さない。よってbかcの2択までは画像がなくても絞ることができる。

正答率:82%

テーマ:甲状腺乳頭癌

フォーラムへ投稿

関連トピック