108A27

62歳の女性。健康診断で肝機能異常を指摘され来院した。自覚症状はない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球407万、Hb 13.0g/dL、Ht 39%、白血球7,800、血小板26万。血液生化学所見:総ビリルビン2.2mg/dL、AST 160U/L、ALT 186U/L、ALP 1,652U/L(基準115~359)、アミラーゼ62U/L(基準37~160)、CEA 2.9ng/mL(基準5以下)、CA19-9 210U/mL(基準37以下)。上部消化管内視鏡像(A)、ERCP(B)及び腹部造影CT(C)を別に示す。
最も考えられるのはどれか。
胆嚢癌
膵体部癌
肝門部胆管癌
十二指腸球部癌
十二指腸乳頭部癌

解答: e

108A27の解説

画像A, Cにて、十二指腸内に突出した腫瘤を認めており、十二指腸乳頭部癌が考えやすい。ERCP(画像B)でも胆管と膵管が拡張しており、十二指腸に流入する部分で陰影欠損がみられている。
a~d これらの癌では胆管と膵管の同時拡張をみない。
e 正しい。上記の通り。

正答率:89%

テーマ:十二指腸乳頭部癌

フォーラムへ投稿

関連トピック