解決済 108A27 肝胆膵

十二指腸乳頭部癌のERCP読影

画像A、Cから十二指腸乳頭部癌であることは納得できたのですが、
2点はっきりさせたいことがあるので質問させてください。

1.アミラーゼについて
解説にもあるように十二指腸で閉塞があり膵管と胆管が両方とも拡張しているのに
なぜアミラーゼがそれほど上昇していないのでしょうか?

2. 画像Bの読影について
画像中央の重なって見える二つの太い管の手前側が拡張した膵管で、奥側が胆管でしょうか?
また、それらの右下に見える細く蛇行する管は副膵管という理解で正しいでしょうか?

回答1件

  • 1. 総ビリルビンもそこまで上がっていませんし、アミラーゼが上がっていなくても矛盾はないと思います。
    2. 重なって見えているのは胆嚢と総胆管です。向かって右上に向かっていくのが膵管。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 108A27

    62歳の女性。健康診断で肝機能異常を指摘され来院した。自覚症状はない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球407万、Hb 13.0g/dL、Ht 39%、白血球7,800、血小板26万。血液生化学所見:総ビリルビン2.2mg/dL、AST 160U/L、ALT 186U/L、ALP 1,652U/L(基準115~359)、アミラーゼ62U/L(基準37~160)、CEA 2.9ng/mL(基準5以下)、CA19-9 210U/mL(基準37以下)。上部消化管内視鏡像(A)、ERCP(B)及び腹部造影CT(C)を別に示す。
    最も考えられるのはどれか。
    • a 胆嚢癌
    • b 膵体部癌
    • c 肝門部胆管癌
    • d 十二指腸球部癌
    • e 十二指腸乳頭部癌
  • 関連トピック

    なし