107D51

53歳の男性。3か月前からの右耳鳴を主訴に来院した。鼓膜に異常を認めない。頭部造影MRIのT1強調像を別に示す。
この患者の右側の検査所見として予想されるのはどれか。2つ選べ
混合性難聴
角膜反射消失
半規管機能低下
ティンパノグラムB型
聴性脳幹反応〈ABR〉I-V波間の潜時延長

解答: c,e

107D51の解説

画像にて右内耳道に高信号域を認める。右聴神経鞘腫が考えやすい。
a 感音難聴をみる。
b 角膜反射はVとVII脳神経が担う。VIII脳神経は関係がない。
c 正しい。半規管機能は前庭神経が伝達する。
d 鼓膜に異常を認めておらず、ティンパノグラムはA型となる。
e 正しい。聴性脳幹反応〈ABR〉のI波は蝸牛神経に由来する。

正答率:63%

テーマ:聴神経鞘腫

フォーラムへ投稿

関連トピック