107A55

48歳の女性。健康診断で眼底の異常を指摘され来院した。視力は右1.2(矯正不能)、左1.2(矯正不能)。眼圧は右23mmHg、左26mmHg。左眼底写真(A)と視野(B)とを別に示す。右眼も同様の所見である。
治療として適切な点眼薬はどれか。2つ選べ
抗菌薬
β遮断薬
抗アレルギー薬
炭酸脱水酵素阻害薬
副腎皮質ステロイド

解答: b,d

107A55の解説

眼圧の基準値上限は21mmHg。右23mmHg、左26mmHgと上昇があり、緑内障を考える。画像Aでは視神経乳頭の陥凹拡大と網膜神経線維層欠損〈NFLD〉がみられ、画像Bでは弓状暗点がみられている。健康診断での指摘であり、眼圧上昇も軽度であるため急性閉塞隅角緑内障というより、開放隅角緑内障が考えやすい。
a 感染症ではない。
b・d 正しい。これらには房水産生を低下させる作用がある。
c アレルギー疾患ではない。
e 副腎皮質ステロイド投与の副作用に眼圧上昇があり、逆効果である。

正答率:84%

テーマ:原発性開放隅角緑内障

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし