107A50

64歳の男性。下肢の痛み、感覚鈍麻および体重減少を主訴に来院した。半年前の健康診断で高血糖を初めて指摘されたが腎障害はなく医療機関を受診しなかった。1か月前から両下肢感覚鈍麻があり、食欲低下が続き体重が3kg減少した。身長170cm、体重58kg。体温37.0℃。脈拍92/分、整。血圧148/86mmHg。呼吸数16/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。両下腿の感覚低下を認める。下腿に浮腫と紫斑とを認めない。尿所見:蛋白3+、糖(-)、沈渣に赤血球30~49/1視野、顆粒円柱1~4/1視野。血液所見:赤血球311万、Hb 9.5g/dL、Ht 29%、白血球4,500(分葉核好中球63%、好酸球4%、好塩基球1%、単球7%、リンパ球25%)、血小板24万。血液生化学所見:空腹時血糖132mg/dL、HbA1c 6.4%(基準4.6~6.2)、総蛋白6.8g/dL、アルブミン3.0g/dL、尿素窒素69mg/dL、クレアチニン4.3mg/dL、総コレステロール266mg/dL、トリグリセリド215mg/dL、Na 140mEq/L、K 6.0mEq/L、Cl 110mEq/L、Ca 8.6mg/dL、P 5.0mg/dL。免疫学所見:CRP 3.5mg/dL、CH50 54.7U/L(基準30~40)。腎生検のPAS染色標本を別に示す。
最も考えられるのはどれか。
悪性腎硬化症
感染後急性糸球体腎炎
顕微鏡的多発血管炎
コレステロール塞栓症
糖尿病腎症

解答: c

107A50の解説

高齢男性の1か月前からみられる炎症症状と感覚鈍麻。これだけでも血管炎を考えさせるに足る情報である。画像では1つの糸球体に2つの半月体がみられており、急速進行性糸球体腎炎〈RPGN〉の診断となる。
a 悪性腎硬化症では拡張期血圧が130mmHgを超える。
b・d これらでは補体価の低下をみる。
c 正しい。顕微鏡的多発血管炎〈MPA〉はRPGNを呈する血管炎である。
e 感覚鈍麻と腎症状だけからは糖尿病由来のものも鑑別に挙がるが、HbA1cが6.4%であり、糖尿病の診断基準はみたさない。

正答率:63%

テーマ:顕微鏡的多発血管炎

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし