107A20

精神作用物質と離脱症状の組合せで正しいのはどれか。3つ選べ
アヘン - 縮瞳
アルコール - 発汗
抗不安薬 - 不眠
ニコチン - 食欲低下
メタンフェタミン - 疲労感

解答: b,c,e

107A20の解説

a アヘン(モルヒネが代表例)の離脱症状は散瞳である。
b 正しい。アルコール離脱症状では発汗や振戦・不眠などをみる。
c 正しい。抗不安薬(ベンゾジアゼピン系薬が代表例)は催眠作用がある。ゆえに離脱症状として不眠をみる。
d ニコチンの離脱症状では食欲亢進をみる。
e 正しい。メタンフェタミン(覚せい剤)の使用により疲労を感じにくくなる。逆に離脱症状としては疲労感をみる。

テーマ:離脱症状

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし