105H24

24歳の男性。呼吸困難と意識障害のため搬入された。本日、咽頭痛と高熱とを主訴に自宅近くの診療所を受診し、抗菌薬と解熱薬とを処方された。家に帰り処方薬を内服したところ、15分後に顔面の紅潮と呼吸困難とが出現し意識を失った。呼吸数24/分。脈拍120/分、整。血圧76/40mmHg。吸気時に喘鳴を聴取する。
直ちに投与するのはどれか。
アトロピン
アドレナリン
アミノフィリン
プレドニゾロン
プロプラノロール

解答: b

105H24の解説

処方薬内服後に生じた顔面の紅潮と呼吸困難。血圧低下もあり、アナフィラキシーショックが考えやすい。
a 徐脈に対して使用する薬剤である。
b 正しい。アナフィラキシーショックへの第一選択はアドレナリンの筋注である。
c 気管支拡張薬。速効性に欠け、ショック状態の現時点には適さない。
d アレルギー機序に有効な万能薬ではあるも、これもc同様、速効性に欠ける。
e β遮断薬であり、心拍数や血圧を低下させショック状態を増悪させかねない。

正答率:98%

テーマ:アナフィラキシーショック

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし