105D48

38歳の女性。血液検査値異常の精査目的で来院した。1週前から37℃台の発熱と咽頭痛とがみられていた。昨日、自宅近くの診療所で実施した血液検査で異常がみられたため紹介されて受診した。既往歴に特記すべきことはない。意識は清明。体温37.6℃。脈拍92/分、整。血圧98/60mmHg。眼瞼結膜に貧血を認める。口腔粘膜に点状出血が散在し、咽頭発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1cm触知する。脾は触知しない。両側下腿に点状出血を認める。血液所見:赤血球330万、Hb 10.2g/dL、Ht 33%、白血球1,800(桿状核好中球6%、分葉核好中球58%、好酸球2%、単球12%、リンパ球22%)、血小板2.8万。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を次に示す。
初期治療として適切なのはどれか。
a
全トランス型レチノイン酸
b
シトシンアラビノシド
c
同種造血幹細胞移植
d
プレドニゾロン
e
イマチニブ

解答: a

105D48の解説


テーマ:急性前骨髄球性白血病