105D42

70歳の男性。大腸がん検診で便潜血反応陽性であったため、精密検査を勧められて来院した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。血液所見:赤血球410万、Hb 13.2g/dL、Ht 40%、白血球7,200、血小板19万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dL、アルブミン4.0g/dL、AST 20U/L、ALT 18U/L、LD 312U/L(基準176~353)、ALP 275U/L(基準115~359)。CRP 0.1mg/dL。注腸造影写真を別に示す。
対応として適切なのはどれか。
内視鏡的ポリペクトミー
無治療で経過観察
腹腔ドレナージ
結腸右半切除術
抗癌化学療法

解答: b

105D42の解説

注腸造影写真では大腸憩室が多発している。便潜血陽性であった理由として、憩室出血があったと考えられる。
a 憩室であり、ポリープではない。
b 正しい。活動的な出血を認める場合は内視鏡的止血術を考慮する。
c 炎症反応は正常値であり、穿孔性腹膜炎等になっていない。
d 手術適応はない。
e 手術不能の大腸癌等で考慮する。

正答率:74%

テーマ:便潜血陽性

フォーラムへ投稿

関連トピック