105B46

78歳の男性。2週前からの頭痛と微熱とを主訴に来院した。1週前から食べ物を噛んでいると顎が痛くなるので、柔らかいものを食べているという。体温37.5℃。呼吸数18/分。脈拍80/分、整。血圧138/88mmHg。右側頭部に圧痛を伴う索状物を触知する。
この患者で留意すべき診察部位はどれか。
眼底
鼓膜
鼻腔
咽頭

解答: a

105B46の解説

高齢男性の頭痛と微熱。間欠性顎跛行や右側頭部に圧痛を伴う索状物より、巨細胞性動脈炎〈側頭動脈炎〉が考えやすい。
a 正しい。虚血性視神経炎により視力障害を呈する可能性がある。眼底検査が重要だ。
b〜e これらの部位に異常は認めない。

正答率:94%

テーマ:側頭動脈炎

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし