105B45

55歳の男性。健康診断で白血球増多を指摘され来院した。自覚症状は特にないという。身長168cm、体重65kg。体温36.6℃。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を2cm、左肋骨弓下に脾を2cm触知する。血液所見:赤血球475万、Hb 13.4g/dL、Ht 43%、白血球23,000(前骨髄球2%、骨髄球5%、後骨髄球3%、桿状核好中球12%、分葉核好中球58%、好酸球6%、好塩基球4%、単球3%、リンパ球7%)、血小板54万。
次に行う検査として適切なのはどれか。
腹部単純CT
骨髄染色体検査
G-CSF濃度測定
エリスロポエチン濃度測定
ポジトロンエミッション断層撮影〈PET〉

解答: b

105B45の解説


テーマ:慢性骨髄性白血病

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし