105A59

35歳の男性。2週前からの悪寒、発熱および下痢を主訴に来院した。6か月前と2か月前とに発熱を伴う気管支炎を発症し、自宅近くの診療所にて抗菌薬投与を受け1週間程度で軽快した。体重が6か月で10kg減少した。8年前に海外渡航歴がある。意識は清明。身長168cm、体重50kg。皮膚、口唇および口腔粘膜は乾燥し、舌と口腔粘膜に白苔を広汎に認める。腹部は平坦で、全体に軽度の圧痛を認めるが、筋性防御は認めない。血液所見:赤血球560万、Hb 16.0g/dL、Ht 48%、白血球12,200(好中球77%、好酸球5%、好塩基球1%、単球12%、リンパ球5%)、血小板34万。CRP 12.3mg/dL。
初期の対応として適切なのはどれか。3つ選べ
輸 液
抗菌薬投与
抗真菌薬投与
抗HIV薬投与
無菌室への入室

解答: a,b,c

105A59の解説


テーマ:HIV感染症・AIDS

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし