105A44

1歳6か月の男児。1歳6か月児健康診査のため来院した。正常分娩で出生した。1か月時の健康診査で心雑音を指摘され経過観察されていた。呼吸困難とチアノーゼとを認めない。身長80cm、体重12.2kg。体温36.8℃。呼吸数28/分。脈拍92/分、整。血圧94/60mmHg。胸骨左縁第2肋間を最強点とする4/6度の粗い収縮中期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
最も考えられるのはどれか。
大動脈縮窄症
心房中隔欠損症
心室中隔欠損症
肺動脈弁狭窄症
僧帽弁閉鎖不全症

解答: d

105A44の解説

心雑音を指摘されている1歳6か月の男児である。チアノーゼを認めないことから、右→左シャントのない先天性心疾患であろう。胸骨左縁第2肋間を最強点とする4/6度の粗い収縮中期雑音を聴取することから、肺動脈弁狭窄症〈PS〉を考えたい。
a 大動脈縮窄症は雑音を認めない。
b・c 共にPS様雑音は認めるも、非弁性であり「軟らかい」音となる。「粗い」収縮期雑音聴取とは一致しない。
d 正しい。上記の通り。
e 僧帽弁閉鎖不全症では心尖部に 汎〈全〉収縮 期雑音を聴取する。

テーマ:肺動脈弁狭窄症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし