105A30

5歳の男児。1時間前から数分間持続する全身の強直性間代性けいれんを3回繰り返したため搬入された。1年前から熱いものを食べたり激しく泣いたりしたときに右片麻痺あるいは左片麻痺を認めていた。片麻痺発作は10分程度で改善したが、このような発作は1か月に1回あったという。神経学的所見で両側の上下肢の軽度筋力低下、腱反射亢進およびBabinski徴候を認める。頭部単純MRIのT1強調像を次に示す。
最も考えられるのはどれか。
上衣腫
もやもや病
頭蓋咽頭腫
結核性髄膜炎
亜急性硬化性全脳炎

解答: b

105A30の解説


テーマ:もやもや病

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし