104H30

32歳の女性。主婦。腹痛を主訴に来院した。1年前に第一子を出産後、腹痛を訴えて救急外来を頻回に受診するようになった。夜泣きに耐えられず不眠が続いている。救急外来では抗コリン薬筋注が著効する。上部消化管内視鏡検査で異常を認めない。夫と子どもとの3人暮らしである。食事は不規則。運動習慣はない。喫煙は5本/日を7年間。飲酒はビール350 ml/日を10年間。体重は2か月で3kg減少している。夫は深夜に帰宅し話をする時間がない。意識は清明。身長155cm、体重40kg。体温36.5℃。脈拍80/分、整。血圧104/68 mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見、血液所見および血液生化学所見に異常を認めない。
聴取した患者情報で最も有用なのはどれか。
食生活
運動量
喫煙歴
体重減少
家庭環境

解答: e

104H30の解説

明らかな検査所見で異常はなく、現病歴から、機能性ディスペプシアを考える。
a~d 鑑別診断としては重要だが、本症例では精神的な負担が大きく関与している、
e 正しい。夜泣きによる不眠が続いており、夫と子育ての相談ができていない状況が問題である。

正答率:79%

テーマ:機能性消化管障害〈ディスペプシア〉

フォーラムへ投稿

関連トピック