104F5

寝たきりの患者に浮腫がないか確認したい。
軽度の浮腫を見逃さないために診察する部位はどれか。
前額部
手背部
仙骨部
前脛骨部
足背部

解答: c

104F5の解説

寝たきりの患者で、最も底部となる解剖学的部位を考える。
a・b・e これらの部位で浮腫はみられにくい。
c 正しい。仰臥位では仙骨部が最も底部となる。
d Basedow病の患者では前脛骨部に非圧痕性の浮腫をみることがある。

テーマ:浮腫の診察部位

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし