103I66

58歳の男性。右頸部腫瘤を主訴に来院した。半年前から右頸部の腫瘤を自覚していたが放置していた。3か月前から38℃台の発熱を認め、頸部腫瘤が増大した。3か月で5kgの体重減少を認めた。右頸部に5×3cmの硬い腫瘤を触知する以外は身体所見に異常を認めない。血液所見:赤血球522万、Hb 14.8g/dL、Ht 48%、白血球8,800(桿状核好中球3%、分葉核好中球53%、好酸球2%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球36%)、血小板29万。血液生化学所見:総蛋白7.8g/dL(Alb 62.4%、α1-グロブリン2.8%、α2-グロブリン7.4%、β-グロブリン9.5%、γ-グロブリン17.9%)、尿素窒素19mg/dL、クレアチニン1.1mg/dL、尿酸7.5mg/dL、総コレステロール130mg/dL、AST 24IU/L、ALT 32IU/L、LD 530IU/L(基準176~353)。CRP 2.4mg/dL。頸部腫瘤生検H-E染色標本を次に示す。
治療方針の決定に必要なのはどれか。2つ選べ
血清免疫電気泳動
リンパ節細胞表面抗原検査
ツベルクリン反応
脳脊髄液検査
骨髄生検

解答: b,dまたはb,eまたはd,e

103I66の解説


テーマ:悪性リンパ腫

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし