103D55

19歳の男性。臀部の腫脹と疼痛とを主訴に来院した。3日前に椅子で臀部を打ち、2日前から徐々に腫脹と疼痛とが強くなってきた。幼少時から同様のエピソードを何回か繰り返し、病院を受診している。意識は清明。体温37.8℃。脈拍92/分、整。血圧 118/62mmHg。皮膚に出血斑を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟。両膝関節の腫脹と屈曲制限とを認める。左臀部は腫脹、緊満し、圧痛を認めるが、発赤は認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球342万、Hb 11g/dL、Ht 33%、網赤血球 4.1%、白血球 9,400、血小板 38万。血液生化学所見:総蛋白7.5g/dL、アルブミン4.8g/dL、尿素窒素20mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL、尿酸 5.6mg/dL、総コレステロール164mg/dL、総ビリルビン1.8mg/dL、直接ビリルビン0.4mg/dL、AST 52IU/L、ALT 38IU/L、LD 402IU/L(基準176~353)。CRP 0.5mg/dL。
異常がみられるのはどれか。
出血時間
PT
APTT
血小板粘着能
血小板凝集能

解答: c

103D55の解説


テーマ:血友病

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし