103D51

58歳の男性。食欲不振と意識混濁とを主訴に家族に伴われて来院した。4か月前の健康診断で貧血を指摘されたが放置していた。1か月前から夕方になると軽い腰痛があった。3日前から食欲がなくなり、今朝からぼんやりしているのに家族が気付いた。喫煙は25本/日を28年間。意識レベルはJCSI-2。体温37.6℃。脈拍96/分、整。血圧122/74mmHg。胸部では心尖部に2/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:蛋白2+、糖(-)。血液所見:赤血球286万、Hb 8.6g/dL、Ht 26%、白血球3,100(桿状核好中球3%、分葉核好中球34%、好塩基球1%、単球4%、リンパ球58%)、血小板5.6万。血液生化学所見:血糖97mg/dL、総蛋白10.8g/dL、アルブミン3.2g/dL、尿素窒素36mg/dL、クレアチニン3.2mg/dL、尿酸9.8mg/dL、総コレステロール132mg/dL、総ビリルビン1.0mg/dL、AST 31IU/L、ALT 40IU/L、LD 488IU/L(基準176~353)、ALP 534IU/L(基準115~359)、Na 138mEq/L、K 5.1mEq/L、Cl 104mEq/L、Ca 12.6mg/dL。CRP 1.8mg/dL。頭部エックス線写真を次に示す。
まず行うのはどれか。
生理食塩液の点滴静注
濃厚赤血球輸血
血小板輸血
血液透析
血漿交換

解答: a

103D51の解説


テーマ:多発性骨髄腫・高カルシウム血症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし