102I4

急速進行性糸球体腎炎を起こしやすい疾患はどれか。2つ選べ
ANCA関連血管炎
Goodpasture症候群
溶血性尿毒症症候群
コレステロール塞栓症
微小変化型ネフローゼ症候群

解答: a,b

102I4の解説

a 正しい。好酸球性多発血管炎性肉芽腫症〈EGPA〉〈アレルギー性肉芽腫性血管炎〉〈Churg-Strauss 症候群〉や顕微鏡的多発血管炎〈MPA〉などがある。
b 正しい。Goodpasture症候群では抗基底膜抗体により腎障害が急速に進行する。
c 溶血性尿毒症症候群は血栓性に微小血管を傷害し急性腎不全を呈するが、急速進行性糸球体腎炎と臨床像が異なる。
d コレステロール塞栓症は粥状プラークが腎血管に飛び急性腎不全を引き起こすことはあるが、糸球体腎炎とはならない。
e 微小変化型ネフローゼ症候群は急性腎不全を引き起こすことはあるが、糸球体腎炎とはならない。

正答率:82%

テーマ:急速進行性糸球体腎炎

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし