101G2

37歳の2回経産婦。妊娠28週4日。少量の出血と規則的な腹部緊満感とを主訴に来院した。外子宮口は閉鎖しているが、少量の出血を認める。経腟超音波検査では、内子宮口の漏斗状開大を認め、子宮頸管長は24mmである。胎児心拍数陣痛図で子宮の収縮は当初15分に1回程度であったが、徐々にその間隔は短縮しつつある。胎児は週数相当の発育を示しており、特別な異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球401万、Hb 12.0g/dL、Ht 36%、白血球16,400、血小板25万。CRP 6.9mg/dL。子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ4.4μg/mL(基準1.6以下)。
対応として適切なのはどれか。2つ選べ
抗菌薬投与
頸管縫縮術
帝王切開術
塩酸リトドリン投与
副腎皮質ステロイド薬投与

解答: a,d

101G2の解説

妊娠28週4日であり、少量の出血と規則的な腹部緊満感とを認めている37歳の2回経産婦である。経膣超音波検査にて内子宮口の漏斗状開大を認め、子宮頸管長は24mmであり、子宮の収縮間隔は短縮しつつあることから、切迫早産に陥っている。子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ高値であり、絨毛膜羊膜炎の診断となる。
a 正しい。絨毛膜羊膜炎の治療には原因菌に感受性があり、かつ妊婦に使用可能な抗菌薬が有効である。
b 頸管縫縮術は頸管無力症に対する治療であるが、外出血や子宮収縮を認めないはずであり、本例とは臨床像が異なる。
c 妊娠28週であり、帝王切開術の適応はない。
d 正しい。塩酸リトドリン投与により子宮収縮を抑制する。
e 副腎皮質ステロイド薬投与では絨毛膜羊膜炎に対応できない。なお、胎児の肺成熟を促すために副腎皮質ステロイドを投与することがあるが、本例では胎児は正常に発育しており不要である。

正答率:60%

テーマ:切迫早産

フォーラムへ投稿

関連トピック