101A24

生後4週の男児。嘔吐を主訴に来院した。生後10日ごろから時々哺乳時に溢乳を認めていたが、次第に噴水状の嘔吐となった。右上腹部に示指頭大の腫瘤を触れる。
正しいのはどれか。2つ選べ
無胆汁性嘔吐である。
代謝性アシドーシスを伴う。
腹部X線単純写真でdouble bubble signを認める。
注腸造影で結腸は全般に細い。
幽門筋切開術が有効である。

解答: a,e

101A24の解説

噴水状嘔吐を呈している生後4週の男児である。右上腹部に示指頭大の腫瘤を触れ、肥厚性幽門狭窄症の診断となる。
a 正しい。胃幽門部の狭窄であり、吐物中に胆汁成分は含まれない 。
b 肥厚性幽門狭窄症では嘔吐により代謝性アシドーシスを伴う。
c 肥厚性幽門狭窄症は、腹部エックス線にて single bubble sign を認める。double bubble signを認めるのは十二指腸閉鎖症であり、嘔吐はあるも噴水状とはならない。
d 肥厚性幽門狭窄症は上部消化管造影にて string sign 、 umbrella sign 、 mushroom sign をそれぞれ認めるが、結腸は正常である。
e 正しい。根治術として幽門筋切開術( Ramstedt 手術)が有効である。

テーマ:肥厚性幽門狭窄症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし