100I26

68歳の男性。重い荷物を持って駅の階段を昇っているときに呼吸困難が生じ、意識を失って救急車で搬入された。3年前から労作時に軽度の動悸と息切れとがあり、安静によって軽快していた。脈拍64/分、整。血圧100/60mmHg。頸部に放散する4/6度の収縮期雑音を胸骨右縁第2肋間から胸骨左縁第4肋間にかけて聴取する。心臓カテーテル所見を次に示す。
この疾患で誤っているのはどれか。
突然死の原因となる。
胸痛をきたす。
左室が肥大する。
速脈を特徴とする。
二尖弁が原因となる。

解答: d

100I26の解説


テーマ:大動脈弁狭窄症〈AS〉

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし