100H21

68歳の男性。発熱と右上腹部痛とを主訴に来院した。体温38.5℃。脈拍88/分、整。血圧130/58mmHg。右季肋部に圧痛を伴う腫瘤を触れる。血液所見:赤血球450万、Hb 15.0g/dL、Ht 48%、白血球16,500。血清生化学所見:総ビリルビン1.0mg/dL、AST 40U/L、ALT 52U/L、ALP 220U/L(基準260以下)。腹部超音波写真を別に示す。
治療として適切なのはどれか。
経口胆石溶解薬投与
経皮経肝胆嚢ドレナージ
内視鏡的胆管ドレナージ
内視鏡的乳頭括約筋切開術
体外衝撃波結石破砕術

解答: b

100H21の解説

腹部超音波写真では胆嚢腫大を認め、acoustic shadowも認めていることから胆嚢頸部と体部にそれぞれ胆嚢結石があると考えられる。発熱し炎症反応も高値であり、Murphy徴候陽性であることから胆嚢結石による急性胆嚢炎と考えられる。
a・e 胆嚢結石に対する治療だが急性胆嚢炎を起こした時には適切でない。
b 正しい。経皮経肝胆嚢ドレナージを考慮する。
c 急性胆管炎の際の治療法である。
d 総胆管結石の際の治療法である。

正答率:74%

テーマ:急性胆嚢炎

フォーラムへ投稿

関連トピック