100F54

68歳の男性。3か月前からの体重増加、全身倦怠感および浮腫を主訴に来院した。身長171cm、体重72kg。軽度の満月様顔貌、中心性肥満および両下肢の浮腫を認める。脈拍78/分、整。血圧162/106mmHg。尿所見:蛋白1+、糖(-)。血液所見:赤血球486万、Hb 15.3g/dL、Ht 46%、白血球8,000。血清生化学所見:総蛋白6.6g/dL、アルブミン4.0g/dL、総コレステロール259mg/dL、AST 29単位、ALT 56単位、LD 412単位(基準176~353)、ALP 117単位(基準260以下)、Na 149mEq/L、K 2.6mEq/L、ACTH 490pg/mL(基準60以下)、コルチゾール35μg/dL(基準5.2~12.6)、ガストリン2,600pg/mL(基準20~160)。頭部MRIで下垂体に異常所見を認めない。腹部造影CTで膵臓に数個の腫瘤、肝臓にも多血性の多発性腫瘤を認める。
この患者でみられるのはどれか。
血中デヒドロエピアンドロステロンサルフェート〈DHEA-S〉濃度高値
CRH試験でACTH増加
メチラポン試験でACTH増加
デキサメサゾン抑制試験(8mg/日、2日間)で尿中17-OHCS低下
副腎シンチグラフィで一側性の集積増加

解答: a

100F54の解説


テーマ:Cushing症候群

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし