100F37

56歳の男性。全身の痒みを主訴に来院した。家族歴と既往歴とに特記すべきことはない。5年前から禁煙している。1年前から赤ら顔で、定期健康診断の血液検査で異常を指摘されたが放置していた。最近、頭重と耳鳴りとを自覚するようになった。呼吸数20/分。脈拍84/分、整。血圧146/94mmHg。顔色は暗赤紫色調で口唇にチアノーゼを認める。皮膚には掻爬痕があり、四肢静脈は怒張している。頸部リンパ節腫大はない。胸部には異常なく、腹部で左肋骨弓下に脾を触知する。血液所見:赤血球720万、Hb 20.2g/dL、Ht 56%、白血球11,200(好中球75%、好酸球3%、好塩基球5%、単球3%、リンパ球14%)、血小板54万、総鉄結合能〈TIBC〉376μg/dL(基準290~390)。血清生化学所見:総蛋白7.1g/dL、アルブミン4.3g/dL、フェリチン18ng/mL(基準20~120)、尿素窒素19mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL、尿酸7.8mg/dL、AST 37単位、ALT 32単位、LD 430単位(基準176~353)、Fe 25μg/dL。CRP 0.2mg/dL。
低下しているのはどれか。2つ選べ
循環赤血球量
平均赤血球容積〈MCV〉
動脈血酸素飽和度
血中エリスロポエチン濃度
好中球アルカリフォスファターゼ指数

解答: b,d

100F37の解説


テーマ:真性赤血球増加症〈PV〉

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし