100C22

次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
65歳の女性。閉経後の性器出血を主訴に来院した。
現病歴:3か月前から少量の性器出血が持続し、2週前から増量している。3回経妊、3回経産。閉経52歳。
既往歴:60歳から高血圧症で降圧薬を服用している。
現 症:身長157cm、体重68kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧148/88mmHg。表在リンパ節に腫大を認めない。心音と呼吸音とは正常である。腹部は平坦で、腫瘤を触れない。下肢に浮腫を認めない。内診で腟分泌物は暗赤色、中等量。子宮腟部に異常を認めない。双合診で子宮体部は鵞卵大に腫大しているが、付属器は触れない。直腸診で子宮傍組織は軟らかい。
検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球316万、Hb 10.2g/dL、Ht 31%、白血球6,400、血小板28万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dL、アルブミン4.8g/dL、尿素窒素18mg/dL、クレアチニン1.3mg/dL、AST 18U/L、ALT 14U/L、LD 248U/L(基準176~353)。免疫学所見:CEA 3.7ng/mL(基準5以下)、CA19-9 33U/mL(基準37以下)、CA125 248U/mL(基準35以下)。子宮頸部細胞診クラスI。胸部エックス線撮影で異常を認めない。経腟超音波写真を別に示す。
診断に有用な検査はどれか。2つ選べ
プロゲステロン負荷テスト
子宮内膜組織診
子宮卵管造影
コルポスコピィ
ヒステロスコピィ

解答: b,e

100C22の解説

閉経後の性器出血を65歳の女性である。3回経妊、3回経産の既往がある。腟分泌物は暗赤色、中等量であり、双合診で子宮体部は鵞卵大に腫大している。CA 125 高値であり、経腟超音波写真にて子宮内膜の肥厚がみられるため、子宮体癌が疑われる。
a プロゲステロン負荷テストは無月経を分類するために行う検査である。
b・e 正しい。子宮体癌の検査として、ヒステロスコピィの後に子宮内膜組織診を行う。
c 子宮卵管造影は癌の広がりを見るものであり、診断には有用ではない。
d 子宮腟部に異常を認めず、子宮頸部細胞診クラスIであることから、子宮頸癌は否定的であり、コルポスコピィは不要である。

正答率:80%

テーマ:子宮体癌

フォーラムへ投稿

関連トピック