受付中 100C22 産婦人科

経膣超音波について

この問題もですが
経膣超音波写真が示されてる時
映っているのが子宮なのか、卵巣なのか、どうやって区別すれば良いでしょうか?

回答1件

  • 典型画像を覚えるのが定石です。
    が、今回は「閉経後の性器出血」が主訴であり、「双合診で子宮体部は鵞卵大に腫大している」わけで、さらには「付属器は触れない」のですから、これらの情報を統括するに、卵巣のエコーを提示する可能性はかなり低いと思います。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 100C22

    次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
    65歳の女性。閉経後の性器出血を主訴に来院した。
    現病歴:3か月前から少量の性器出血が持続し、2週前から増量している。3回経妊、3回経産。閉経52歳。
    既往歴:60歳から高血圧症で降圧薬を服用している。
    現 症:身長157cm、体重68kg。体温36.4℃。脈拍72/分、整。血圧148/88mmHg。表在リンパ節に腫大を認めない。心音と呼吸音とは正常である。腹部は平坦で、腫瘤を触れない。下肢に浮腫を認めない。内診で腟分泌物は暗赤色、中等量。子宮腟部に異常を認めない。双合診で子宮体部は鵞卵大に腫大しているが、付属器は触れない。直腸診で子宮傍組織は軟らかい。
    検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球316万、Hb 10.2g/dL、Ht 31%、白血球6,400、血小板28万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dL、アルブミン4.8g/dL、尿素窒素18mg/dL、クレアチニン1.3mg/dL、AST 18U/L、ALT 14U/L、LD 248U/L(基準176~353)。免疫学所見:CEA 3.7ng/mL(基準5以下)、CA19-9 33U/mL(基準37以下)、CA125 248U/mL(基準35以下)。子宮頸部細胞診クラスI。胸部エックス線撮影で異常を認めない。経腟超音波写真を別に示す。
    診断に有用な検査はどれか。2つ選べ
    • a プロゲステロン負荷テスト
    • b 子宮内膜組織診
    • c 子宮卵管造影
    • d コルポスコピィ
    • e ヒステロスコピィ
  • 関連トピック

    なし