100A20

62歳の男性。背部痛が出現し冷汗も認めたため来院した。喫煙30本/日を35年間。42歳時に椎間板ヘルニア、59歳時に急性心筋梗塞の既往がある。意識は清明であるが、発語は少ない。身長165cm、体重76kg。脈拍84/分、整。血圧160/80mmHg。胸部の聴診で異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球427万、Hb 13.4g/dL、Ht 39%、白血球10,300、血小板14万。血清生化学所見:総蛋白6.4g/dL、AST 46単位、ALT 57単位、CK 144単位(基準10~40)、LD 189単位(基準176~353)。胸部造影CTを次に示す。
治療薬はどれか。
ヘパリン
アトロピン
フロセミド
プレドニゾロン
プロプラノロール

解答: e

100A20の解説


テーマ:大動脈解離

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし