解決済 108E59

非感染時のCVA叩打痛

お世話になります。
108E59は先天性に腎盂尿管移行部狭窄を有する32歳女性例で
以前から定期的に右背部に軽い自発痛を訴えており、診察時にはCVA叩打痛を訴えています。
これは尿路狭窄による軽い感染が生じており、それに伴う炎症によるものと考えるべきでしょうか?
CRP 0.1mg/dLと陰性であるため自信が持てずにおります。
他に何かこうした痛みを感じる原因があればご教示いただけますと幸甚です。
宜しくお願い致します。

回答1件

  • CVA叩打痛は尿路結石だけでも出ますので、何度もつまっては腎臓が物理的に刺激され、自然と石が落ちて痛みが消えたのではないでしょうか?水腎症でもCVA叩打痛が出るので、水腎症も一瞬起きていたかもしれません。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 108E59

    32歳の女性。健康診断で右水腎症を指摘され精査目的に来院した。10年前から数か月に1回右背部に軽い鈍痛を自覚していたが、20分程度安静にしていると軽快していた。右肋骨脊柱角に軽度の叩打痛を認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血1+、沈渣に赤血球1~4/1視野、白血球1~5/1視野。血液所見:赤血球432万、Hb 13.6g/dL、Ht 43%、白血球6,900、血小板28万。血液生化学所見:総蛋白7.6g/dL、アルブミン4.3g/dL、尿素窒素22mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL、尿酸5.8mg/dL、Na 134mEq/L、K 3.8mEq/L、Cl 105mEq/L。CRP 0.1mg/dL。腹部エックス線写真で尿路結石像を認めなかった。腹部超音波像を別に示す。
    診断のために有用なのはどれか。2つ選べ
    • a PET/CT
    • b 腹部単純MRI
    • c 逆行性尿路造影
    • d 腎シンチグラフィ
    • e カラードプラ腹部超音波検査
  • 関連トピック