回答数 1
アイコン
Y.T.

107C4の解答説明 (耳硬化症の純音聴力検査所見) について

耳硬化症の純音聴力検査所見について
d. (4) 2000Hzの骨導閾値上昇 (Carhart's notch)
e. (5) 低音域の気骨導差上昇 (stiffness curve)
上記の内容が当てはまるように思えるのですが, いかがでしょうか ?

コメント

1
コーギー
コーギー

107C4は老人性難聴について問われており、耳硬化症の問題ではないかと思います。

また、選択肢d.ですが、Carhart's notchは認められないのではないでしょうか。本問におけるオージオグラムは気導検査であるためです。
耳硬化症のオージオグラムにつきましては、 110A37 に画像があります。

選択肢e.につきましても、気導検査であるため、ご指摘の「気骨導差」は見られないのではないでしょうか。

ログインするとコメントを投稿することができます。

関連トピック

なし