受付中 113A56 08.消化管

偽膜性腸炎が左下腹部痛をきたす理由

いつもお世話になっております。偽膜性腸炎は、S状結腸〜直腸に好発なので左下腹部痛をきたすとのことですが、なぜS状結腸〜直腸に好発なのでしょうか。

よろしくお願いします。

回答0件

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 113A56

    81歳の女性。脳梗塞後のリハビリテーションのため入院中である。細菌性肺炎を併発し、2週間前から抗菌薬による治療を受けていた。1週間前から腹痛、下痢を訴えるようになり、昨日から下痢が頻回になった。意識は清明。身長156cm、体重41kg。体温37.9℃。脈拍80/分、不整。血圧146/90mmHg。呼吸数16/分。SpO2 96%(鼻カニューラ3L/分酸素投与下)。心音に異常を認めない。両側胸部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦で、肝・脾を触知しない。左下腹部に圧痛を認める。左上下肢に不全麻痺を認める。血液所見:赤血球358万、Hb 10.9g/dL、白血球13,300、血小板19万。血液生化学所見:総蛋白5.7g/dL、アルブミン2.9g/dL、総ビリルビン0.9mg/dL、AST 26U/L、ALT 19U/L、LD 245U/L(基準176~353)、クレアチニン1.1mg/dL、血糖98mg/dL、HbA1c 7.1%(基準4.6~6.2)、Na 138mEq/L、K 3.4mEq/L、CI 101mEq/L。CRP 3.1mg/dL。

    次に行うべき検査はどれか。

    • a ベロトキシン
    • b β-D-グルカン
    • c 便中Helicobacter pylori抗原
    • d 便中C.difficileトキシン
    • e 結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定法〈IGRA〉
  • 関連トピック

    なし