解決済 103A19 11.産婦人科

B群レンサ球菌陽性妊婦の出産

B群レンサ球菌陽性妊婦の出産の際は帝王切開によって産道感染を回避するとmedu4のテキストで学習しましたが、国試ではない問題でペニシリン系抗菌薬を投与すれば帝王切開は必要ないという解答に出会いました。どちらが正解なのでしょうか?ご回答お願いいたします。

回答1件

  • >B群レンサ球菌陽性妊婦の出産の際は帝王切開によって産道感染を回避する

    ↑うーん、こういう発言をした覚えはないですね。何かしら前後の文脈と関係して、語弊が生じている可能性があります。該当のテキストページや動画のコマ数と分数を教えていただければ確認できます。

    基本的に、B群レンサ球菌陽性妊婦ってだけでは帝王切開はしません。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 103A19

    産道感染が問題とならないのはどれか。
    • a 淋菌
    • b B群レンサ球菌〈GBS〉
    • c 風疹ウイルス
    • d B型肝炎ウイルス
    • e 単純ヘルペスウイルス
  • 関連トピック

    なし